マイカーローンと使途

 私たちの生活の中では、現金だけで全てを賄うのは困難であり、普通は融資・カードローンを利用するのがごく普通。そのなかでも、マイカーローンは自動車を保有する人なら多くが利用しているのでは。

銀行やJAなどの金融機関で利用可能

車を買うとき、大半の方がマイカーローンを利用するのではないだろうか?マイカーローンとは銀行等の金融機関で融資を受けられ、マイカー購入・修理・車検。オプション装備・免許費用など、クルマに関することならなんでも利用可能という商品。融資可能額は、だいたい10万円以上500万円以内といったところか。固定金利型と変動金利型が選べ、借入翌月任意の日より、以降その応答日に元利均等毎月返済に基づき、返済用預金口座から自動振替で決済、借入額の50%以内で、ボーナス返済併用も可能です。
銀行キャッシングの場合、極度額10万円以上200万円以下のうち10万円単位。契約時にお借入れ限度額を設定する商品なので、借入れ限度額内であれば何度でも借入れが可能です。しかし、金利面で不利なので、当然マイカーローンの利用が適切と言うことになる。
 なお、ゴールドカードで車を購入することもできるが、利用限度額に注意する必要があり、可能ならダイナースクラブカードなどの利用限度額が高く設定されたクレジットカードを用いるのが基本。
 ゴールドカードを用意できない場合は、日経225とCFDを比較して得意な方で資産を増やしていけば、マイカーローンを利用しなくても購入にたどり着くことができる。ただ、CFDの場合、レバレッジを高くしすぎると大きな損失を生む恐れもあるので注意が必要です。レバレッジを3〜5倍程度で株価指数やコモディティなど手数料を無料としている会社の多い>CFD銘柄で少しずつ資産を増やすとよいでしょう。

マイカーを止めてレンタカー

 マイカーを所有するには維持費がかかるというデメリットもあります。
 特に電車やバス・地下鉄などの公共交通機関が整備されている都市部では、車がなくとも大きな問題にはならないばかりか、維持費を浮かせることができるメリットがあります。
 車を所有していれば、毎月のガソリン代のほか税金・保険・車検はもちろん、タイヤ・エンジンオイルなどの消耗品を定期的に換える必要性もあります。
 通勤や通学・買い物等の日常生活においては、バスや地下鉄等を利用し、遠くへ観光へ出かける際にはレンタカーを利用すると、車を所有するよりもはるかに費用を抑えることが出来ます。
 主要都市なら貸切バスを用意する会社もありますので、そこへ連絡をしてジャンボタクシーを借りて友達どおしでスキーに行ったりお花見に行ったりなんてこともOK!
 このように、マイカーローンを組む時は、別な交通手段を利用する方法はないか、毎月のローンの支払いに苦労しないかどうかも考える必要があるでしょう。
貸切バスの参考サイト→http://www.nijiiro-travel.jp/

MENU

FX 美容 クレジットカード カードローン 健康食品